GARDEN DIARY

アオダモの葉

玄関前の樹、赤茶色く紅葉していたアオダモの葉が一気に落葉です。

朝、葉を掃きましたが、昼には再び落ちています。
「また掃かないと。」とは思いましたが、それはそれで冬が近づいているのを感じます。
他に比べて少し早めに今年を終えるアオダモ。
まだ枝に残っている葉っぱが貴重に見えて、自然と眺めていました。

紅葉と一言で言っても、樹の種類によって赤の色味や、紅葉落葉時期に違いがあります。
そこでまた、人によって好みも分かれてくるのでしょうね。
好みの樹がお庭にあると、また季節の移り変わりの楽しみも増えますね。

2018年10月19日