GARDEN DIARY

和+洋

京阪グリーン守山支店の表庭です。
洋風の白い建物ですが、和風のみに使うと思われがちな庭石も違和感なくマッチしています。
樹木や植栽の中に庭石があることで、お庭の奥行が生かされていますね!
初心者の私ですが、お庭を手入れしながら最近感じるようになってきた事が一つ。

庭石があることで、奥行きだけでなく、見る角度によっての景色がまた違ってきて面白いのです。

石の形が違うということもありますし、角度により石の周囲の植栽の見え方も変わります。
ウロウロとしながら、一番良い角度を探したりしています。昔の将軍は和庭をこのように楽しんでいたのかな・・・と考えたりもします。
洋風+和風の要素が入ったお庭もオシャレです。

先日、ふとゴツゴツした庭石の表面に苔が生えてきたことに気付き、味が出てきたように感じました。
残すか、磨くか、これも好みなのでしょうね。
きっとこうやって、“My庭” が出来ていくのだなと感じるこの頃です。

2018年10月20日