STAFF BLOG

エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ!

先日ご紹介した新築外構の事例です。

dummy - エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ!

斜めのラインのデザインタイルがおしゃれな門柱 守山市

こちらは建売の物件で、コンクリート土間と門柱のベースはできている状態でした。

dummy - エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ!
門柱をきれいに仕上げ、カーポートを追加しました。
施工前の門柱の写真はこちら。

dummy - エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ!
こちらの門柱がおしゃれに変身しました。

dummy - エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ!
デザインタイルと木目調のポストの組み合わせが、木目をアクセントにしたシンプルなデザインの建物によくマッチしています。

カーポートをはじめ、機能門柱・フェンス・テラス屋根・ウッドデッキなど、ほとんどのエクステリアは後付けが可能です。
すでにある程度、外構ができているという方も、ぜひ、お住まいにプラスしてお好みの外観に仕上げてみませんか。
お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

dummy - エクステリアの後付けで建売住宅をグレードアップ! 営業担当:宮崎

2021年10月24日

タイルデッキ&ガーデンルームができるまで

先日ご紹介した腰壁ハイHタイプのガーデンルーム。
⇒ 事例紹介ページ「ガーデンルームで活かせていなかったお庭がリビングガーデンに変身 守山市」はこちら。

網戸を閉じていない状態の写真です。
中の様子がよく分かる写真です!

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
工事中の様子を少しご紹介します。
まずは、施工前の写真から・・・

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
手つかずだったお庭がここから生まれ変わります。
まずは下地ブロックから。

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
砕石を入れ、転圧作業を行います。
この辺りは、先日ご紹介した土間コンクリートの工事と同じです。
⇒ ブログ記事「新築外構の工事中をご紹介!」はこちら。

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
ワイヤーメッシュを敷き詰めます。
すでに、ガーデンルームの枠組みはのっている状態です。

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
ここからコンクリートを入れ、タイルを貼り・・・ガーデンルームを組み上げて完成です。

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
お部屋から一続きのガーデンリビングに生まれ変わりました!
広々と開放的で気持ちがよい空間です。

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで
お隣に面している部分は、高い位置まで腰壁があるので、プライバシーはしっかり守られており、安心です。

リフォームよりも新鮮で、増築よりもリーズナブルなガーデンルーム。
屋外の開放感と室内の快適さを併せ持つ特別な空間を手に入れませんか?

只今、ガーデンルームのキャンペーンも実施中です。
(対象商品に指定があり、上記のガーデンルームは対象外です)
これを機にぜひご検討ください。
「エクステリアでガーデンリフォーム応援キャンペーン」のお知らせ

dummy - タイルデッキ&ガーデンルームができるまで 営業担当:宮崎

2021年10月17日

新築外構の工事中をご紹介!

先日ご紹介した新築外構のおうちです。
⇒ 事例紹介ページ「シンプルモダンな建物に機能門柱でナチュラルさと落ち着きをプラス 栗東市」はこちら

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
こちらの工事中の様子をご紹介します。
着工前の写真です。
時々、このような状態のままのおうちを見かけることもあります。

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
確かに外構工事をしなくても、住むことはできますし、工事にもそれなりの費用がかかるので、しなくてもいいじゃないかと思われるかもしれませんね。
でも、工事をせずにそのままにしておくと、見映えの問題だけではなく、いろいろなトラブルに遭う可能性が高くなります。
このあたりの詳しいことは、コーポレートサイトのスタッフブログで一度取り上げていますので、ご覧ください。
⇒ ブログ記事「外構工事は必要なのか?」はこちら

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
掘削して、下地に沈み込みや水の染み上がりを防ぐために砕石と呼ばれる石ころ・砂利石を敷き詰めます。
その後、転圧と言って、圧力をかけて締め固める作業を行います。
この工程を怠ると、あとから沈下してしまいます。

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
その上に、上の写真のようなワイヤーメッシュ(鉄製の丸棒を網状に組み込んだもの)を敷き詰めます。
メッシュの下には、スペーサーブロックを入れます。
ブロックを入れないと、下地に鉄筋が接触しているため、コンクリート下部は鉄筋が露出していることになってしまいます。
また、鉄筋上部は必要以上のコンクリートの厚みが乗っているため、せっかくの鉄筋の力が伝わりません。

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
タイル張りと土間打ちが終わり、養生しているところです。

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
駐車スペースの奥のお庭部分には人工芝とウッドデッキ、物置を施工しました。
ウッドデッキはLIXILの樹ら楽ステージ、物置はヨドコウのエスモという商品です。
ちなみに、只今、LIXILのウッドデッキキャンペーン実施中です。詳しくはこちらの案内をご覧ください。
「エクステリアでガーデンリフォーム応援キャンペーン」のお知らせ

dummy - 新築外構の工事中をご紹介!
芝を敷く前には防草シートを敷きます。
よく、「庭の雑草に困っているので芝生にしたい」とお考えの方がいらっしゃいますが、この時に天然芝にしてしまうと、さらに雑草に悩まされる結果になってしまいます。
しっかり防草シートを敷くことで、雑草対策をすることができます。

京阪グリーンでは、安心して暮らしていただけるよう、しっかりと定めた施工基準に則り、工事しています。

dummy - 新築外構の工事中をご紹介! 営業担当:宮崎

2021年10月11日

「エクステリアでガーデンリフォーム応援キャンペーン」のお知らせ

dummy - 「エクステリアでガーデンリフォーム応援キャンペーン」のお知らせ

LIXIL エクステリアでガーデンリフォーム応援キャンペーン「ウッドデッキからはじめるすてきなガーデンライフ」が始まります。
期間中、ガーデンルーム・ウッドデッキ・プラスGをご契約・施工させていただいたお客様に、Amazonギフト券をプレゼント!

ガーデンルームやウッドデッキがあれば、おうちとお庭がつながり、お庭時間がもっと楽しくなります。
この機会にぜひご検討いただき、おうち時間をさらに充実してはいかがでしょうか。
お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2021年09月10日

快適・便利なランドリースペース

草津市内にて、テラス囲いを設置させていただきました。

dummy - 快適・便利なランドリースペース
奥に見えるのは、三協アルミのテラス囲い「晴れもようwith」です。
晴れもようwithは、洗濯物干しに必要な換気・通風機能を強化したランドリースペースです。
「風の流れ」をデザインし、より楽しくより快適なランドリースタイルを実現してくれます。

手前にあるテラス屋根が、元々奥についていたのですが、一旦取り外し、移設しました。
まだまだ使えるものは使わなければもったいないですし、このようなご要望もお伺いさせていただいております。

dummy - 快適・便利なランドリースペース
中は土間仕様になっています。
これだけスペースがあると、たっぷり洗濯物を干すことができますね。

dummy - 快適・便利なランドリースペース
中には、ガス衣類乾燥機も設置しています。

毎日の家事の中でも、洗濯の負担はなかなか大きいです。
このようなスペースがあれば、お天気を気にすることなく、いつでも洗濯を干すことができるので、助かりますね。
日々の暮らしをもっと便利に。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

dummy - 快適・便利なランドリースペース 営業担当:宮崎

2021年09月01日

嬉しいお言葉

先日、タイルデッキを施工させていただいた事例をご紹介しました。
⇒事例紹介ページ「タイルの2色使いで広々空間を演出したタイルデッキ 大津市」はこちら

こちらのお施主様より、写真と一緒に大変嬉しいお言葉をいただきました。

dummy - 嬉しいお言葉
———————————————————————
何度も図面の修正やお打ち合わせに時間を掛け、休日の夜まで訪問して頂きました。
テラスタイルの色や砂利の大きさ・色目等のサンプルも用意いただき、施主側が納得いくまでお付き合いくださいましたので大変納得いく仕上がりになったかと思います。
お世話になりました。ありがとうございました。
また、秋にかけて植栽剪定のご提案をお待ちしております。
———————————————————————
⇒ご投稿いただいたページはこちら

今後も、お客様のライフスタイルに寄り添い、快適な毎日を過ごせるお庭・外構をご提供できるよう、スタッフ一同努めてまいります。

dummy - 嬉しいお言葉 営業担当:宮崎

2021年08月17日

天然芝 vs 人工芝

お庭を持ったら一度は憧れる芝生のお庭。
青々とした芝の上で、お子様やペットと遊んだり、眺めながらくつろいだり・・・
想像しただけで楽しい気分になりますね!

最近はメンテナンスが楽な人工芝も人気です。
人工芝と天然芝、どちらがいいのでしょうか?
比較してみます。

まずは、それぞれの施工例の写真からご紹介します。
こちらは天然芝のお庭。

dummy - 天然芝 vs 人工芝

⇒事例紹介ページ「白い外観のおうちに芝の緑が鮮やかに映えます 栗東市」はこちら

そして、こちらは人工芝のお庭。

dummy - 天然芝 vs 人工芝

⇒事例紹介ページ「人工芝とタイルの組合せがおしゃれなお庭 栗東市」はこちら

見た目は、どちらも鮮やかな緑でキレイです。
ただ、こうして並べてみるとよく分かりますが、質感に違いがあります。
最近では、人工芝もかなり進歩し、外観も手触りも改善されていますが、やはり自然な優しい風合いという観点では、天然芝に軍配が上がります。
逆に言うと、人工芝は強いため、芝の上でパターゴルフなどを楽しむには適しています。
あとは、季節感です。
人工芝は、1年中、この写真のような状態で青々とした芝を楽しめますが、天然芝は、冬になると葉が枯れてしまいます。
1年中、緑を楽しむのを重視するか、四季を感じられる方がいいと考えるか、お手入れの手間などを考慮しながら、お好みに合わせてといったところでしょうか。

お手入れの手間と書きましたが、お手入れが苦手な人やなかなか時間が取れない方には、絶対に人工芝です。
人工芝は、ほぼメンテナンスの必要はありません。
天然芝は、水やりや芝刈りをしてあげなくてはなりません。
芝刈りの頻度は、芝の種類にもよりますが、夏、成長する時期には月に2回くらいは行った方がいいです。
あと、お手入れという観点では、雑草対策も欠かせません。
雑草対策で庭を芝生にしたい場合は人工芝に限ります。
よく、「庭の雑草に困っているので芝生にしたい」とお考えの方がいらっしゃいますが、この時に天然芝にしてしまうと、さらに雑草に悩まされる結果になってしまいます。
上記の人工芝のお庭ですが、人工芝の下は、このように防草シートをしっかり施工しています。

dummy - 天然芝 vs 人工芝
最後に気になるのは、現実的な耐久性と費用ではないでしょうか。
人工芝は、年数が経つと芝が寝て来てしまったり、日光による変色が見られます。
環境や商品にもよりますが、人工芝の寿命は10年程度と言われています。
一方、天然芝にはっきりとした寿命というものはありません。
しっかりと芝生管理すれば、何十年と茂らせることもできます。
費用は、人工芝は天然芝に比べて、初期費用は高いですが、天然芝をきちんと管理しようとすると、肥料や除草剤などの費用もかかりますし、お手入れの手間などを考えて、天秤にかけると、一概に高いとも言えないのではないかと思います。

天然芝と人工芝、どちらにもメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルやお好みをベースに決めるのが一番です。
お客様のご希望をしっかりとお伺いし、ご予算やライフスタイルに合わせたご提案をさせていただいております。
人工芝でも天然芝でも、迷われたら、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

dummy - 天然芝 vs 人工芝 設計担当:秋田

2021年08月06日

夏期休業のお知らせ

お客様各位

拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、8月13日(金)~8月16日(月)の期間を夏期休業期間とさせていただきます。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

2021年07月26日

グラスファイバープランター

先日、ご紹介させていただいたお庭。
イロハモミジが植わっているプランターも、イロハモミジと一緒に納品させていただきました。

dummy - グラスファイバープランター

石でできているように見えますが、グラスファイバーという素材でできています。
グラス=「ガラス」、ファイバー=「繊維」。
つまり、繊維状にしたガラスを樹脂で固めて整形して作られています。

守山支店の玄関にも、アガベを植えたグラスファイバープランターを置いています。

dummy - グラスファイバープランター
パッと見ると、重厚な石でできているように見えますが・・・

叩いてみると「コンコン」と軽い音がします。
ちょっと分かりにくいですが、強く押してみると、少したわんで、しなやかさがあります。
これが、グラスファイバープランターのいいところの一つで、陶器や木製の鉢より軽く、大型サイズでも女性一人で運べ、欠けたり割れたりしにくい強度も備えています。

また、表面に細かな穴が開いているため、通気性・通水性に優れ、植物の生育に適しているのも、メリットです。

今回のおうちや守山支店で使っているのは、ブラック色のシンプルな形のものですが、白、ブルー、グレーなど多彩な色のものがあります。
また陶器や石、木材では難しかった凝った形状や模様も、グラスファイバーだと自由自在に作ることができるので、色・形共に、おしゃれに気に入ったデザインのものを選べるのもうれしいですね。

dummy - グラスファイバープランター 設計担当:秋田

2021年07月17日

おしゃれなパーゴラ

お庭にパーゴラをつけたいというご依頼をいただき、施工させていただきました。

dummy - おしゃれなパーゴラ
元々、水色の外観のおうちに、レンガのアプローチやかわいらしいデザインの物置(ディーズガーデンのものです。当社はディーズガーデンの正規販売店となっております)がマッチして、素敵なナチュラルテイストのお庭だったのですが、白いパーゴラが加わることにより、さらにナチュラル度がアップしましたdummy - おしゃれなパーゴラ
この日は雨だったのですが、雨に濡れた景色もいい感じです。

このパーゴラは、YKK APのサザンテラスというテラス屋根を使用しています。
アルミ製ですが、天然木の角材を再現したナチュラルなデザインになっています。
垂木の先端を斜めにカットすることで、木組み感の趣を醸し出しています。
目隠しに使用しているのは、アーバンフェンスという樹脂製のフェンスになります。
アルミ&樹脂で耐候性を備えつつ、ナチュラルな雰囲気を実現しています。

dummy - おしゃれなパーゴラ

お施主様が大切に育てられているバラの花もきれいに咲いて、イングリッシュガーデン風の素敵な空間になりました。
このような雰囲気のお庭に憧れておられる方も多いのではないでしょうか。
ぜひ、憧れをカタチに・・・お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

dummy - おしゃれなパーゴラ 営業担当:宮崎

2021年07月01日