STAFF BLOG

ドライガーデン風のお庭

一般的にガーデニングと言えば、イングリッシュガーデンのようにみずみずしい緑いっぱいのお庭を連想しますが、最近は「ドライガーデン」というガーデンスタイルが注目されています。

ドライガーデンはその名の通り、乾燥した風情のガーデンスタイルです。
ちょっとした狭いスペースでも楽しむことができ、おしゃれな雰囲気なのに、お手入れは楽というところが魅力です。
乾燥に強い多肉植物などを組み合わせることが多いですが、もちろん、気候やお好みに合わせて、違う植物を組み合わせてもOKです。

dummy - ドライガーデン風のお庭
ナチュラルなBESSのお住まいに合わせて、余白をたっぷりとり、ワイルドに植栽をレイアウト。
単にナチュラルなだけでなく、どことなく異国情緒ただよう雰囲気で、お住まいを引き立てます。
⇒この事例の紹介ページ「エントランスをドライガーデンでナチュラルに演出 草津市」はこちら

dummy - ドライガーデン風のお庭
シンプルナチュラルなエントランスを控えめな可愛らしさで演出します。

dummy - ドライガーデン風のお庭
使っているのは、ドウダンツツジ・タマリュウなど、なじみの深いものばかりですが、自然で上品な色合いを表現したコンクリート平板を市松模様に配置し、ドライガーデン風にすることで、オリジナリティのあるお庭になりました。
⇒この事例の紹介ページ「「大人かわいい」シンプルナチュラル外構 甲賀市」はこちら

植物の世話にまでなかなか手が回らないし・・・と何も植えない方も多いですが、やはり、植物があると、門まわりやお庭の雰囲気がぐんとよくなりますし、ちょっとした植物の変化で季節を感じることができれば、お忙しい毎日の中でほっと一息ついていただけるのではないでしょうか。
お庭いっぱいに植えてしまうと手間もかかりますが、このように大きめの石、岩などをとりいれつつ、余白をもってレイアウトすれば、手間も軽減され、かつ雰囲気のあるお庭にすることができます。

ご希望をお伺いして、ぴったりの植栽プランを立てさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

dummy - ドライガーデン風のお庭 設計担当:秋田

2021年3月21日